東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2011年度11月 月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報 2020年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

2011年11月16日

往訪:光武歯科医院(港区芝大門)、院長光武晋一郎先生、酒井郁子先生(母堂は東洋女子歯科医学専門学校8回生・森シヅノ先生)。

関連記事
2010年10月8日

これまでの経緯は長くなりますので、お手数ですが上記関連記事をご覧下さい(開くとさらに2009年1月29日以降の関連記事リンクがあります)。

長崎県島原市の東洋女子歯科医専8回生(1933年卒)森シヅノ先生のことを最初に報せて下さったのは、本学園評議員の鈴木喜久江先生でした。その後、昨年5月のホームカミングデーに森先生が来学され、また10月にはこちらから訪問させていただきました。鈴木先生が長年かかりつけの光武歯科医院に勤務される酒井郁子先生の母堂が森先生、お孫さんの副島先生も同医院に勤めておられることがきっかけだったので、一度ご挨拶に伺いたいと考えていたところ鈴木先生の仲立ちで実現しました。

今回の訪問に際して、本年4月14日に入手した9回生卒業アルバム(1934年)をチェックしたところ、教員ページに森(旧姓六反田)先生の写真を発見しました。ページを繰る前からある程度確信がありましたが、成績優秀者として医局入りした経歴をお持ちでした。森先生ご自身から自慢めいたことは一度も伺っていませんが、やはりと思いました。先月10月7日に訪問した熊野市の故・西村マホ子先生も医局入りして然るべきご成績を修められ、他に同様のケースも多く、長い年月が経っても母校に快くご協力いただける方の傾向が窺われます(そうでない方もご遠慮なく、どうかよろしくお願いいたします)。

光武先生、酒井先生にはお忙しいところご対応下さったことに感謝いたします。また、この際に酒井先生の地元浦安市の県立高校を紹介していただき、鈴木先生と入試室スタッフによる高校訪問が実現したことを報告いたします。

(写真は鈴木先生たっての?ご希望により公開を見合わせます)

PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ