東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2016年度3月 月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7・8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2・3月

2017年3月11日


往訪:千葉県香取市佐原、旧制東洋女子歯科医学専門学校指定後1回生(1926年卒)の診療所兼住宅を撮影。


東洋女子歯科医専指定後1回生・成家玉(なるやたま 1904~1962)先生を調査するため、2015年6月5日及び翌月の二度、訪問させていただきました。現当主の成家淑子様をはじめ成家家の皆様の高い見識とご努力により、診療所兼住宅は1927(昭和2)年の新築当時の姿に修復、維持されています。

成家家住宅は重要伝統的建造物群保存地区に指定され、近年その知名度を高めている佐原旧市街にあります。小野川のほとりにあって伊能忠敬旧宅と同記念館に隣接するという、素晴らしいロケーションです。

佐原の町並み保存は、「生きている町並み」で残っていることに価値があると言われます。江戸期から昭和初期までの多様な建築様式の建物が現役として使われていることで、精彩を放っています。伝統建築の間に点在する洋風の銀行建築や歯科医院(成家家)は優れたアクセントであり、佐原の近代化を語る生き証人です。


一昨年は梅雨期で曇り空の下での撮影でしたので、本日好天の下で外観の撮影をさせていただきました。後刻、成家淑子様から貴重な情報もいただき、これらの成果を5月22日から予定する東洋学園創立90周年・前身校開校100周年記念シリーズ展4「創立期の東洋女子歯科医学専門学校Ⅱ 女子歯科医専初の文部大臣指定校へ」(仮)に反映する予定です。


小野川に架かる樋橋の右の洋館が旧成家歯科医院兼住宅です。
今回は確かに晴天でしたが、午前中の太陽の位置に加え若干の高曇りで、春の陽光が散乱気味です。それにもう少し柳が芽吹いてからの方が良かった。写真は難しいです。
PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ