東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2013年度6月 月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報 2020年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7・8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

2013年6月24日


受贈:石塚慶子様(東洋女子短期大学36回生)より英語英文科在学時使用教科書など。


 一連の東洋女子短期大学OGの方からの資料ご寄贈については、5月9日に記しましたので、詳しくはそちらをご覧いただければと存じますが、短大同窓会のご厚意により、同会会報で資料提供を呼びかけさせていただきました。

 短大36回生は1985年入学、1987年卒業、これまで最も若い世代からのご寄贈ということになります。添えられたお手紙に、史料的価値はあまりないと思いますが、とありましたが、比較的新しい世代の方が大学アーカイブズや資料保存にご関心を持っていただけたことを心強く思います。実際の行動に移された方の後ろには、会報を読んで思い出したり、何かしら受けとめられた方が相当数いらっしゃることを推察することもできました。

 謝恩会でお友だちと一緒に原田規梭子先生(現 副学長)を囲んだ写真もいただきました。ご希望に沿い、後日、原田先生にお届けしました。受領書とお礼の記念誌をお送りした際はまだ先生のお手許に届いていませんでしたが、先生が大変喜ばれたことをご報告いたします。


手前中央、住野喜正ほか『クリエイティヴ ライティング THE ART OF NEWS & AD-COPY WRITING』(研究社出版 初版1964年)は5月9日に紹介したものと同じ教科書です。ほぼ同時代ですが、学科が異なります。住野喜正先生(元『英文毎日』主筆)は欧米文化学科の設立メンバーですが、当初は既存の英語英文科に所属し、新学科に移籍した後も英語英文科の講義を持っていたのでしょう。
手前左の2冊は丁寧にカバーがかけられています。意匠や材質がいかにも80年代で、これも時代の空気を写す良い資料と思います。資料を提供して下さる卒業生から均しく感じることは、ものを大事にする心です。そのお気持ちを受け継いでゆきたいと思います。
PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ