東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2011年度9月 月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報 2020年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

2011年9月10日

日本歯科医史学会第39回総会・学術大会に参加、発表2題。

  • 「東洋女子歯科医学専門学校創立期文書について(3):財団法人明華女子歯科医学専門学校設立認可申請書(大正10年)」
  • 「東洋女子歯科医学専門学校の文系転換における明治期キリスト教ミッションの影響」

日本歯科医史学会
http://www.jsdh.org/contents4.html

昨年の第38回から引き続き本学の創立期文書として前身の明華女子歯科医学専門学校を扱います。今回はその3として、1921年の旧制専門学校設立認可申請書をとりあげました。本学は公式の創立年を1926年としていますが、同年に東洋女子歯科医学専門学校が成立するまでの経緯を解明しなければ、一見単なる名称変更を「創立」とする根拠が定まりません。

1917年の明華女子歯科医学講習所設置以来、1918年明華女子歯科医学校(各種学校)、1921年専門学校認可、1923年の関東大震災を挟み1926年の文部大臣指定と「東洋」への改組という、明華女歯の急速(過ぎる)発展とその蹉跌を認可書類から読み解きます。

2)は今年度のミニ企画展「東洋女子短期大学の誕生 -第二の創立者 宇田愛とブラックマー・ホーム」で扱っている占領期の文系短大転換を指導した宇田愛(理事長)の、主に明治中期~末期、少女期から婚姻までのキリスト者としての事跡と、その信仰が学校経営に及ぼした影響を報告しました。ブラックマー・ホームは文京区目白台に所在する同仁キリスト教会が明治期から1945年まで設置していた女子寮です。

今年の会場は私学関係者にはおなじみ、御茶ノ水駅そばの東京ガーデンパレスです。写真はガーデンパレスの前面に立地する東京医科歯科大学と順天堂大学。旧制期の本学は両大学と関係がありましたが、占領期の歯科医専廃止以降、縁が切れました。近年は人間科学科の設置や歯科医史に関わる本学史編纂で再び繋がりが発生しています。
この写真で本学は順天堂の奥の方になりますが、ビル群に遮られて見えません。戦前は本学校舎3階の窓からニコライ堂まで見通せました。抜けるような快晴ですが、終日非常に暑い日でした。
 
本郷給水所公苑に面した順天堂の脇に済生学舎跡を示すプレートがありますが、ガーデンパレスにも文京区教育委員会による解説プレートがありました。済生学舎は長谷川泰が設立した明治期を代表する私立医学校ですが、専門学校令公布後、同法の適用を受けず突然廃校になりました。今日の日本医科大学は済生学舎の流れを汲むものとされています。
会場入り口。
撮影時の演者は杉本是孝先生(仙台市)です。
PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ