東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2012年度1月 月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

2012年1月13日

  • 資料提供:安芸市教育研究所に入交直重(東洋女子歯科医学専門学校教授)写真など。
  • 受贈:明海大学歯学部坂下英明先生よりデンタルボックス(東洋女子歯科医学専門学校で使用)と校友会誌『東洋女歯報国会誌』。

1. 安芸市教育研究所(主任研究員:井上久美氏)の依頼により、高知県安芸市中学校用教材(資料集)『安芸市の人物』編纂のため写真(電子媒体)「入交直重と吉田茂」などを提供しました。27日に写真4点及び本学年史を追送しています。

2. デンタルボックスは木製小型、上蓋に9回生(1934年卒)の名入りです。合名会社中澤歯科器械製造社の製品で、現存する発注書、納品書から本学(東洋女子歯科医専)の器械、材料の発注先は同社が多かった模様です。

『東洋女歯報国会誌』は旧名『東洋女歯校友』、1943年3月刊の通算第38号に相当しますが、報国会誌に改称以後はナンバーが振られていません。1941年に戦争遂行政策の一環で全ての学校の校友会(自治会・同窓会)が強制的に報国会(さらに報国隊)に改編させられました。次の12月刊(実質39号)を最後に戦局悪化のため休刊となり、そのまま廃刊となりました。

本号は合冊として製本されたものが現存しますが、寄贈品はオリジナルの形態を保つものとして貴重です。

上面、「東京市本郷台」の住所が印象的です。本郷台は美称で正式な住所ではありませんが、校歌1番に「本郷台に基礎(いしずえ)堅く」と詠われ、今日より日常的に使われていたことを窺わせます。正しい住所番地は1933年まで東京市本郷区元町2丁目63番地(53番地の表記もあり)、同年より元町2丁目2番地に改訂されています。
『東洋女歯校友』第21号(1934年12月)誌上の広告。歯科用器械、材料は校内地下売店「合資会社 みつわ歯科商店」が扱っていました。1940年時点の代表者は庄司正となっており、庄司は戦後の東洋学園理事長・宇田愛の実家の姓です。同族傍系が合資会社を設立して仕入れ、販売、また写真のような独自製品の企画製造にあたっていたものと考えています。
PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ