東洋学園大学 史料室

  • ホーム
  • 年表
  • 業績/資料受け入れ
  • 月報
  • 『東洋学園八十年の歩み』
  • 『年表 東洋学園史」
  • フェニックス・モザイク
  • 「大学史展示コーナー」流山分室
  • リーフレット
  • 過去の催し・お知らせ
  • English

2016年度 12月報

2008年度月報 2009年度月報 2010年度月報 2011年度月報 2012年度月報 2013年度月報 2014年度月報 2015年度月報 2016年度月報 2017年度月報 2018年度月報 2019年度月報
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7・8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2・3月

2016年12月19日


創立90周年(2016年)/前身校開校100周年(2017年)記念シリーズ3「―波濤を越えて 東洋女子歯科医学専門学校の外国人留学生」公開開始。


明治維新後、いち早く近代化を進めた日本は、アジア諸国・地域から多くの留学生を受け入れました。また、海外領土からも多くの学生が日本に来て学びました(外地からの日本内地留学)。

本学は1921年から47年までの間に140名の女子留学生を歯科医師に養成し、送り出しました。内訳は中華民国8、「満州国」20、朝鮮21、台湾 75、タイ 9、不明 7(概ね台湾)、これは旧制卒業約2,800名の5%にあたり、1930年代後半には入学生の四人に一人、25%前後を留学生が占めました。卒業には至らなかったものの、現在のマレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシアの留学生もいたといいます。

戦前の本学は国際性豊かな教育の場でした。空路未発達の時代、アジアの広範な国・地域から文字通り波濤を越えて本学に集い、学んだ留学生群像を記憶に留めたく、小展を企画しました。


展示の模様1。
展示の模様2。
展示の模様3。
解説書(本文40ページ)はご観覧の方にもれなく差し上げます。
PAGE TOP
  • 東洋学園大学
  • 東洋学園校友向けホームページ